So-net無料ブログ作成

≪ネット情報は玉石混交!^_^;≫ [医療]

DeNAがキュレーションサイト、まとめサイトを再開させるようですね。

■問題から9カ月、女性向けサイト復活へ
 
 DeNAが著作権侵害問題などで全面閉鎖していたキュレーションメディア(まとめサイト)事業のうち、女性向けファッションサイト「MERY」を年内に再開する。小学館と組んで信頼回復に挑むが、見切り発車との指摘もある。挑戦と意思決定のスピードを失わない「永久ベンチャー」を標榜するDeNAに、リスク管理体制との両立が問われている。・・ (日経)

他人のものを勝手に盗用し、何もチェックせずに使用することで、真実の情報かどうかがわからないや著作権の問題に抵触してしまうなど、あたかも自身が調べたように掲載してしまう。。というのはかなりのリスク、問題が生じます。。
 
しかし、まとめサイトの需要は多いようですね。
 
僕も使いますが、確かに便利ですもんね。。
 
で、色々な情報がある中で、医療情報も結構掲載されてます。
 
ある程度、真実かフェイクか、アバウトな情報であっても大丈夫なものもありますが、医療情報だと、間違った情報を鵜呑みにするのは怖いですよね。。
 
そういう意味でも、自分で情報の選別をしていかねばなりません。。
 
ネットは、そこが怖いところです。
 
そんな中、例えば以下のように、ガン情報でもそういう一例があるようです。
 
早速、確認してみましょう。
 
日経のこちらです。

■ネット情報は玉石混交 
 
 がん治療は一種の情報戦です。正しい情報を手に入れるかどうかが勝負の分かれ目になります。最近は、インターネットで情報を入手しようとする方が多くなっています。しかし、ネット上にあるがん治療関連の情報は玉石混交で、有益な情報とともに、誤解を生むような宣伝や誤った情報を多数見かけるのも事実です。
 

 不正確な医療情報が記載されているとの指摘を受けて、ディー・エヌ・エー(DeNA)の医療情報サイト「WELQ」が昨年末、閉鎖されたのは記憶に新しいところです。がん治療については、残念ながら、まだまだ怪しいサイトがたくさんあります。

 ある研究論文によると、検索欄に「肺がん」と入れて検索したところ、上位50番目までに表示されたもののうち、正しい内容を紹介したサイトは5割以下だったというデータもあります。

 また、正しい情報であっても、その調べた人自身の場合にあてはまるとは限りません。時間をかけてネットで検索した結果、最も推奨される「標準治療」から遠ざかっては元も子もありません。

 ネット検索大手のヤフーでは、この問題に注目して、患者や市民が正しい情報にいち早くたどり着けるように取り組んでいます。ネットで「がん治療」とキーワード検索すると、これまでは一番上に広告が並びました。しかし、それらの広告が示す治療には首をかしげたくなるものが少なくありません。

 そこで、ヤフーではエビデンス(科学的な証拠)のある治療法を見つけやすいシステムを開発しています。その第一歩が「患者さんのための乳がん診療ガイドライン」を示した日本乳癌学会のページの提示です。たとえば「Yahoo!JAPAN」で「乳がん 治療」と検索すると、このガイドラインを真っ先に挙げます。今後は他のがんにも拡大していこうと考えているそうです。

 ネットは電気や水道と同様、我々の生活に欠かすことができない社会インフラの一つになりました。今後もその質を高めるべく、われわれ専門医も積極的に正しい情報を発信すべきだと思いますし、ヤフーのような取り組みがさらに広がっていくことを期待しています。

 

 
(東京大学病院准教授 中川恵一)

如何ですか?
 
といっても、専門情報は素人にわかりません。。
 
ですから、知識としてはある程度自分で調べて持っておいて、実際の機関に問い合わせてみたり、直接、診察時に医師に確認してみたり。。
 
全く無知では、聞くことも出来ませんからね。。
 
そういうことで、参考情報として頭には入れておく。。という感じにして、実態は自分で確認する。。というように情報に振り回されず、上手に活用していきたい、ということですよねー

 

 


人気ブログランキング

 

にほんブログ村 ベンチャーブログ ベンチャー社長へ
にほんブログ村


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:仕事

≪育児 時短よりフル勤務?!≫ [育児]

先日、育休について、完全にお休みするよりは、復帰後の就労ブランクのハンデや、キャリア形成に支障が出るなどの懸念から、在宅勤務や資格取得など、育休復活後に向けた就労復活のフォローが大事、というお話しを取り上げました。
 
で、今回は、育休は取らずとも、育児中の時短勤務のお話しです。
 
働き方改革が進む中、企業が色々な働き方を模索しておりますが、残業抑制の方向で動いているのは確かだと思います。
 
企業のフル勤務と言えば、9-18定時が一般的ですが、18時に終わることはまずあり得ず、残業で〜20時とか遅いと22時くらいまで就業することが当たり前になっておりました。
 
このような状態のため、育児するにはフルタイム勤務では到底難しく、育休か時短勤務を選択しなれけば難しい、という実態があります。
 
しかし、最近はこのことに変化が生じてきたようですよ。
 
いったい、どういうことでしょうか。
 
確認してみましょう。
 
日経のこちらです。

時短よりフル復帰 
働き方改革、思わぬ収穫 育休明け、残業減で無理なく
 
 働き方改革が進む企業で、育児短時間勤務者が減っている。残業が減るなど無理なく働ける環境が整うことで、早期のフルタイム復帰を果たしている。短時間勤務は重要な子育て支援だが、利用者の増加に伴い、その処遇が職場の課題になっていた。働き方改革の思わぬ効果といえそうだ。
 

 「夜の会議はないし、同僚もサッサと仕事を終わらせて早々に帰る。産休前とは別の職場みたい」。SCSK流通・CRMサービス部の大塚由貴さん(35)はこう話す。2015年4月に長女を出産。16年4月まで育児休業を取った。仕事はシステムエンジニア。深夜や休日に打ち合わせや作業が入ることもかつては珍しくなかった。

 復職時に1日6時間の短時間勤務を選んだ。「昔みたいに残業はできない」と考えたからだ。だが職場の変化を目の当たりにし、思い直した。復職半年で短時間勤務を返上し、フルタイム勤務に戻した。「フレックスタイムを併用して少し早めに出社し午後5時に退社する。責任ある仕事も任せてもらえてやりがいを感じる」

 

SCSKの大塚由貴さん(中)は育休復帰後、

半年でフルタイムに(東京都江東区)

 

 12年度から長時間労働の是正に取り組むSCSK。16年度の平均残業時間は社員1人当たり月17.8時間で、この10年で半減した。残業削減に伴い、育児短時間勤務取得者も減った。各年度に短時間勤務からフルタイム勤務に戻した社員の比率「フルタイム勤務復帰率」は14年度1.6%、15年度7%、16年度8.5%と上がっている。

 
定時でお迎えOK

 

 短時間勤務者の減少は想定外の効果だ。短時間勤務だと、フルタイム勤務と比べて任せる仕事の質と量にどうしても差がつき、成長が滞る。「子どもが小学校を卒業するまで短時間勤務できるようになっており、早期のフルタイム復帰をいかに促すかが課題になっていた。働き方改革が解決の糸口になっている」(ダイバーシティ推進課)と喜ぶ。

 オリックスはグループ10社で4月から所定労働時間を1日7時間に短縮した。オフタイムの充実を図り、社員一人ひとりの発想力を高めてもらう狙いだ。制度改定に伴ってフルタイム勤務に戻した子育て中の社員がグループ全体で31人に上る。例年のほぼ倍だ。

 オリックス環境エネルギー本部に勤める斉藤千恵さん(30)もその一人。13年2月に長男を出産し、15年4月に復職した。会社の制度では最長約10年短時間勤務ができた。復職時は制度を最大限使うつもりだった。ただ、所定労働時間の短縮に伴い、会社の終業時間が午後5時に繰り上がった。「この時間なら定時に帰っても保育所への迎えに十分間に合う」と短時間勤務をやめた。

 3月までは仕事を続ける同僚を残して退社する日も。後ろめたさもあった。今は帰りのエレベーターに一緒に乗り込む。斉藤さんは「短時間勤務の分、給料も減額されていたが、4月からは全額支給。もらった分は仕事でしっかり貢献したい」と話す。

 育児短時間勤務は10年に企業に義務付けられた。子どもが3歳になるまで誰でも1日6時間勤務を選べる。国の調査によると、05~07年に出産した女性正社員の約3割が利用するなど急速に広がっている。短時間勤務者の増加に伴い、企業は課題を抱えた。就労時間が短い利用者にどんな仕事を割り振ればよいのか。フルタイム勤務者とのバランスに苦慮した。

 ただ視点を変えればフルタイム勤務者の長時間労働が苦心の元凶でもあった。例えば所定労働時間8時間の職場で1日2時間の残業が常態化していれば、フルタイム勤務者の1日の労働時間は10時間。1日6時間の短時間勤務者との差は1日4時間にも及び、任せられる仕事は限られる。

 
制約薄れる

 

 4月に所定労働時間を従来より20分短い1日7時間15分にし、終業を16時30分に繰り上げた味の素。育児短時間勤務者は15~16年度と140人前後で推移してきたが、17年度は129人に減った。出産する女性社員は毎年約100人でこの間、横ばい。4月以降は「フルタイム勤務に戻したい」という相談も増えているという。

 味の素は4月にテレワーク制度も拡充。利用日数を上限月4日から無制限に変えるなど使い勝手をよくした。所定労働時間は20年にさらに15分削減し、7時間に短縮する計画だ。グローバル人事部マネージャーの菊地さや子さんは「場所や時間の制約が薄れてフルタイム勤務者と短時間勤務者の差がなくなってきた」と指摘する。

 短時間勤務者が責任ある仕事を担えるようになれば、フルタイム勤務者はその分、重責から解放され、過重労働も防げる。働き方改革先進企業では、こんな好循環が生まれようとしている。

 

 

如何ですか?
 
時短勤務を取ることに気を使ったり、穴が空いた分を引き継がなければならない。。などの余計なわだかまりがなく、就業できれば、お互いにとって、良いでよね。
 
結果的に働き方改革により、効率が良くなっている、ということですね!
 
ということで、フル勤務で無駄な残業はやめましょう。
 

 


人気ブログランキング

 

 にほんブログ村 ベンチャーブログ ベンチャー社長へ
にほんブログ村


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:仕事

≪小林麻央さんが教えてくれたこと。。≫ [医療]

日本人の平均寿命は、2016年度で過去最高を更新し、香港に次ぐ世界二位であると発表されました。
 
また、交通事故で亡くなる人の割合が年々減っているようです。(反面、高齢者の事故死亡は増えてますが。)
 
そうなると、死ぬのは病気か寿命が要因になります。
 
寿命は運命のため仕方ないとして、病気の予防が出来れば長生き出来る、ということになります。
 
では、日本人が死につながっている病気はなんでしょうか。
 
はい、そうです。
がんです。
日本人の2人に1人はがんで亡くなっております。
 
もはや国民病です。
誰もがガンになるリスクがあるわけです。
 
ということは、ガン予防を意識する、がんになったら良いがん治療の選択をする、という対策になります。
 
つまりそれが出来れば、長生きが出来るようにつながってくる、ということになります。。
 
そんな中、先日乳がんで亡くなった海老蔵さんの妻、小林麻央さんは、ブログでがん治療法について、ぼくらに伝えてくれたことがあったようです。
 
僕はブログを読んでいなかったのでわかりませんが、文中に節々とメッセージがあったようですよ。
 
僕も含め皆さんガンになる確率があるわけですから、皆さんも他人事ではなく自分にも起きるかもしれないと思って見て見ましょう。
 
日経のこちらです。

後悔しない治療の選択を 
 
 小林麻央さんの若い命を奪った乳がんは、がんのなかでは比較的タチのよい部類に入ります。「全国がんセンター協議会」の集計データによると、乳がんの5年生存率は全体で92.9%です。ステージ2の患者だけでは95.2%、かなり進行したステージ3では79.5%です。膵臓(すいぞう)がんではステージ1でも40.5%ですから、乳がんがいかに治りやすいタイプであるかが分かります。
 

ただし、彼女のブログやこれまでの報道から推測すると、適切な治療が提供されなかった可能性があるようにもみえます。麻央さんも2016年9月4日のブログでこうつづっています。

 「私も後悔していること、あります。あのとき、もっと自分の身体を大切にすればよかった。あのとき、もうひとつ病院に行けばよかった。あのとき、信じなければよかった。あのとき、、、あのとき、、、」

 もちろん、彼女の治療に直接関わったわけではありませんし、推測でモノをいうのも慎むべきかもしれませんが、ブログには、後悔の気持ちとともに、自分のつらい経験を他の人にさせたくないという思いが感じられます。

 通常の経過であれば、麻央さんには「標準治療」が勧められたはずです。標準治療ときくと、「ふつうの治療」、「並みの治療」のように思えるかもしれませんが、英語の“Standard therapy”を日本語訳したものです。簡単にいえば、現時点での「最善・最良の治療」のことになります。

 標準治療は、がんのタイプや進行度をもとに、手術、放射線治療、薬物療法を適切に組み合わせて治療していくものです。がんの専門医が使う診療ガイドラインにも標準治療が優先して記載されています。

 乳がんでは、部分切除と放射線治療を組み合わせた「乳房温存療法」が標準治療の代表ですし、病巣が大きい場合、抗がん剤を先に投与してがんを縮小させてから温存療法を行うという選択肢もあります。全摘が必要な場合でも再建手術を保険で受けることもできます。

 がんの治療は例外はありますが、「敗者復活戦のない一発勝負」という面があります。後悔のないよう、標準治療を選択することが基本です。
 
(東京大学病院准教授 中川恵一)

如何ですか?
 
誰も正解を知っているわけではないですが、確率問題として、後悔しないように行動する、した方が良い、ということが伝わってきます。
 
そう、メッセージをくれたように思います。。
 
受け入れるしかない時が来た時、この麻央さんの教えを受けて前を向いて良き選択をして進むのです。
 

 


人気ブログランキング

にほんブログ村 ベンチャーブログ ベンチャー社長へ

にほんブログ村


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:仕事