So-net無料ブログ作成

≪結局、最後は自分しだい。≫ [面会]

おとといは、自分で勝手に見切られている!と決めつけない、
昨日は、環境が悪い。。ということについてでした。


で、結局、面会で合流した元請担当者のお客様から聞いた、
このスタッフさんへの評判の最新情報はこういうことでした。


リーダーの者は、すこし言葉が乱暴だったかもしれません。
そのことは申し訳ございませんでした。

しかし、むしろ、それでへこまないでほしい。
むしろ逆に見てろよ!!ってなってもらいたい!!
わけなんです。

マニュアルなど整備もされていないのは確かです。
働きにくく、大変申し訳ございません。

しかし、我々こういう環境のまま、これで良いなんて全く
思っておりません。これをなんとか改善したい!と思っております。



だから、キミに来てもらった!のです!!

ということした。



典型的なパターン、というのはこういうことです。


見切るどころか、逆に期待されている。
期待しているから、つい。。。


それでも、そういう捉え方が出来なかった、スタッフさんとしてはへこんでしまっていたので、このことを皆でやさしく説き、
フォローしてあげました。 。。


しかし、僕は担当者として、いつも気をつけていることがあります。

それは、最終的には、本人の意思を尊重する、ということ、です


結局、こちらが無理やり説得して、納得していないのに、無理に引き続き働かせる、行かせる、辞めさせない。。などしても、結局はどこかのタイミングで、つぶれてしまう、もしくはキレてしまう。


ですから、話をしても、尚、無理ならばもう無理。
お客様に怒られても、辞めさせてもらうしかない。

逆にがんばりたいけど自信がないだけ。。などのことだったら
側面から一所懸命応援し、フォローする。


どっちかでしかない。

で、このスタッフさんは、本当はがんばりたいんだって!!

ならば、こちらは一生懸命にバックアップしてあげる。

がんばろう!


-----------------------------------------------
最後に一言

誰でも厳しい、大変な現場は嫌ですが、ずっとそのような環境に身をおく、というわけではありませんので、一度や二度、あえてそういう環境に飛び込み、自らをを鼓舞し修行することが大事です。

このことは、なるべく早いうちに経験し、 タフさ、メンタルの強さを身につけることです。

というのも、結局、人生最後の最後は、技術力や論理力ではなく、精神力です。

生き抜く強さが、あるかないかです。

あまり精神力とか言いたくはないですが、でも、これが現実です。


以上、3部に渡り、お付き合い頂きました。

この章をおわります。
ありがとうございました。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

≪誰でも良い環境で働きたいです。。でも良い環境というのは。。≫ [面会]

昨日は、見切られている!ということを自分で勝手に決め付けない、逆に認めてもららえるように頑張れ!ということを教えました。

で、今日は、

もう一つの環境が悪い、ということについて。
マニュアルが揃っていない、資料が整備されていないなどといった環境面についてのお話。

そこでこれは調査して改めてわかったことですが、このスタッフさんは、今まで環境に恵まれ過ぎてしまっていて、それが当たり前の基準になってしまっていた。


ということです。

これは、このスタッフさんに限らず、実際に他のスタッフさんにもいえるお話ですからよーく聞いてください。

良い環境でしか経験がないと、それ以下の環境の現場であった場合、どうしても良い環境と比較してしまいます。


前の方がよかったと。。

その逆で、悪い・厳しい環境を多数経験していると、ちょっとでも良い環境であれば、 全然マシに思えるようになる。

前の方がもっとひどかった、と。(笑)

その典型的な話しが、今回のようなマニュアルが整備されていない。教えてもらえない、など、という現場環境についてのことです。

これについては、厳しい言い方 になってしまいますが、マニュアルが完備されている、研修がしっかりあり、ちゃんと教えてもらえる等というのは、正直、正社員で入社して入った一部上場の大手企業の新卒の時だけくらい。。という認識でいてもらった方が幸せです。

残念ですが、それが現実です。

それを企業に求めてはいけません。

基本スタンスは、教えてもらえないから、まずは自分で調べてみる。調べてわからなければ、こちらから聞きにいく。 怒られながらも前向きにがんばる。

ということです。

苦手な人には、あえてこちらから懐に飛び込んでコミュニケーションを図りに行く。

教えてもらったことを繰り返し聞かない。同じ間違えを起こさない。。めげずに勤怠だけはしっかりする。。。


 

これで頑張れば、必ず、 周りが認め始める時がきます。
それまで頑張るしかありません。 


つづきは最終末で。
 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

≪入社スタート2週間で、もう辞めたい・・・≫ [面会]

今回のお話は長文になるため3回に分けてお話しますね!


日は、入社からスタートして2週間しか経っていないスタッフさんの面会がありました。営業担当の僕だけではなく、元請けのお客様を交えての面会だった。


面会理由は、もう辞めたい。。
ということでの面会。 。


 
理由は、このスタッフさんから面会前に送られてきた長文メールによると、自分のスキルは既にリーダーに悪く見切られている、とか、働く環境が悪い、などということ。。。  


そんな中、辞めたい!と決定づけた事の発端は、どうしても納期に間に合わさなければならない作業があり、それを任されたのだが、作業が遅いため、「お前じゃダメだ、代われ!」って、リーダー言われてしまった、と。これでもう使えない奴、と思われてしまったんじゃないか。。ということ。 


その上で、 環境面でマニュアルの整備やOJT的などの研修も一切なく・・こんな悪い環境は初めてです!。。と。



これに対して僕らは。。


まず、見切られている、ということを勝手に決めつけない!

というのも、そもそも本当に見切られてしまった場合は、「今月で終了」などの通達が来るので、その時点でわかります。。
しかも通常は、よほどの事じゃない限り、1ヶ月前には終了の告知がされます。

そういう意味では、まだ何も言われてもいないうちから、悪い方向に自分ひとりで勝手に考え過ぎない!、と諭しました。



それよりは、


これに対して逆に、1ヶ月から3ヶ月の間くらいで、注意されたこと、改善指導に対して、直す努力をしている、ということを頑張って行動で見せ、認めてもらえれば、そこから今度は逆に信頼を勝ちとることが出来ます!


際にそういうスタッフさんを何人も見て来ました。


めは正直大丈夫かな?と思っていたけど、今では辞められては困る。。などに逆に頼られるようになったりします。


つまり、企業もせっかく面談で選考してOKと判断して雇い入れたわけですから、出来れば簡単に終わり、とか、交代とかにはしたくはないんです。


実は今回も、まさにこの典型的なパターンだったんです。


このことは僕にはまだ何も知らされてなかったのですが、この面会で、元請けのお客様と会って初めて知らされたのでした。。


つづく。
  

 

 



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事