So-net無料ブログ作成
書類選考 ブログトップ

≪IT業界の書類選考って!?どうゆーの?≫ [書類選考]

IT業界の場合、求人に応募すれば、直ぐに面談につながる、というわけではありません。



まずは、経歴書(スキルシート)ベースでの書類選考があります。(実際には経歴書のデータをメールでお客様に送って選考してもらいます。)



で、実はIT業界の場合、この書類選考が曲者です



というのも書類選考から実際の面談につながるために、書類選考を突破する、ということがかなり大変だからです。



つまり、面談になる、ということよりも、NGで終わってしまう、ということの方が多いのが現実です。

 


では、いったい何を見て判断されるのでしょうか。

 


それは、やはりITだけにパソコンスキルを見て判断をされるわけです。

 

 

ただ書類選考ですので、パソコンのスキルといっても実際にパソコンを使って何かをするわけではありません。

 

あくまでも書類上でのお話です。


 

では、具体体的にどのように判断されるかと言いますと

そのパソコンスキルの実務年数や実
際に使ったOSのversion、ソフトやツールの機能などそういう様々なものの中から
スキルチェックをされます。。



しかし、ここで出てくる問題点があります。

皆様にご提出して頂くスキルシートというのはあくまでも皆様のオリジナルのスキルシートであって統一されているものではありません


つまり、書き方は自由なわけです。


書式が自由なため、スキルシートの完成度が高い人は、
やはり書類選考を突破しやすく、完成度が低い人はNGになりやすいという問題がおきます。


では、完成度が高い、低いというのは、何を指して、そのように言っているかと言いますと


一番はITスキルの記載が細かく記載している人と、スキルが抽象的だったり、簡易的過ぎる人の違い、と言えばわかりやすいでしょうか


例えば、Excelが出来ます、といいましても、どのくらいできるのかは、その人にしかわかりません。


これを他人に伝えるためにはExcelVBAが出来ます、マクロが出来ます、Vlookupが使えます、ピッポットテーブルが出来ます、IF関数が使えます。。というようにわかるように記載しなければ、その人のレベルはわかりません。


逆に言えば、これが伝わらないとたとえExcelの上級者であっても、ただExcelが出来ますとしか記されていなければ、初心者と同じように受け止められてしまう恐れもある、ということになります

そうなると、せっかくスキルをお持ちでも、アピールが届かず、
書類選考でNGとなってしまいます。。


ですから、ITにおけるスキルシートは、ITスキル経験に関しましてはご面倒でも、出来るだけ、詳細に記載して作成するようにしてください!


これだけでも、書類選考で目に留まる止まらないが本当に変わります。


だまされたと思ってやってみてください!


10件応募して、全てダメだったのが、2件通過した、というような変化が現れはずです。
間違いないです。


ぜひ、やってみてください!









nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事
書類選考 ブログトップ